用途でいろいろ選べる!データを印刷するときの種類

モノクロ印刷はお得です

会社の資料や個人で作ったファイルを紙に印刷したいときがありますよね。たくさん量を刷らないといけないときや予算をできるだけ抑えたいときはモノクロ印刷が適していますし、自分だけしか使わない資料をプリントアウトしたいときもモノクロで十分に用が足せるケースが多いです。黒いインクのみを使った印刷なので最も印刷代が安く、仕上がりも早いです。一枚当たり数円から10円単位でプリント可能です。大量に印刷する場合には一枚当たりの単価は下がる傾向にありますよ。

カラー印刷で分かりやすい資料を作る

お客様向けの説明用資料などは、表や文字などに色を使って分かりやすく作成していることが多いですよね。そういった資料は分かりやすさを重視するため、カラーで印刷した方が適しています。カラー印刷はイエロー、シアン、マゼンタの3色に加え、文字を印刷する黒のインクを使い合計4色ものインクを使って印刷します。そのため、一枚当たりにかかる金額はモノクロ印刷よりも割高になりますが、資料の見た目の良さはアップしますよ。

写真などの画像はフルカラー印刷

プリントアウトしたい資料に写真が使われていることがありますよね。出来上がりイメージや活動内容を示す写真など使われているシーンは様々です。資料の中でその画像がワンポイントとしてではなく、主役として使われているときには画像が綺麗にプリントアウトされる印刷方法を選びたいですよね。フルカラー印刷では通常のCMYKの4色以上のインクを使って画像をプリントします。その分ビビッドにデータが印刷され、出来上がりの資料の完成度が上がりますよ。

封筒印刷をして、会社のロゴや住所や電話番号を印刷すればお客様に印象に残ります。センスも問われますが、きっと会社のイメージアップに繋がると思われます。