簡単に独立できる代理店ビジネス、どんな職種があるの?

ノウハウなしでの起業に便利なフランチャイズ

人に使われるのは嫌だとか、自分で商売をすることで高収入を目指したいなど、独立を考えても難しそうだからと諦めてしまいがちです。ですが、フランチャイズで一般的な代理店ビジネスであれば、商材からノウハウまで用意してもらえます。実際、素早く起業ができるので大変人気ですよね。でも、イメージとしてはコンビニや配達ピザのような販売業と飲食店が多いため、自分の方向性に合わないと思うかもしれません。でも、本当に業種はそれだけなのでしょうか。

やはり販売関連が多い

あまり知られてはいませんが、フランチャイズを展開している企業の数は大小を合わせれば膨大な数にのぼります。どのような業種が多いのといえば、イメージ通り販売店や販売代行の募集が一番多く、その次には販売店などを経営したい人を紹介する営業代行となります。後者については実際に店舗を運営するための初期資金が必要なわけでもないため、参入がしやすいというメリットがあるようです。また、企業によっては成約によって継続的な収入がある場合もあります。

それ以外の変わり種も

営業代行の一種ではありますが、逆に商材の提供をしてもらうための交渉をするようなものがあります。自分が物を販売するのは、商品を魅力的に説明するのが難しかったりしますが、他の会社などが自信をもって勧めているものを探すのは簡単でしょう。他にも探せば出版社の代理店事業などというものまであって、自分の手で世に本を送り出す仕事ができたりもするのです。簡単に独立できるのはいいけどやりたい仕事が無いから、とすぐに諦めずに一度希望する職種があるか探してみた方がいいですね。

業務委託とは、業務を別の誰かに託すことです。社内の煩雑な業務や専門性の必要とされる業務を外部に委託する事で社員にゆとりが生まれ、人材育成などに時間をかけられるようになります。