引っ越し料金をを安くするための3つのノウハウ

引っ越しは時期を選びましょう

引っ越しはできるだけ安く済ませたいもの。多数の引越し屋に見積リをお願いし、比較するのはもちろんですが、他に安くすませるためのコツもいくつかあります。まず一つ目は引っ越しの少ない時期に頼むこと。3月、4月などは進学や就職で引っ越しを行う人が非常に多くなります。引越し屋も大変な繁忙期かつ稼ぎどきであり、割引どころかやや高めになります。しかし6月や2月など引っ越しの少ない時期なら、引越し屋も仕事を得るために価格交渉に応じやすくなっています。

週末より平日に引っ越しをしましょう

2つ目のノウハウとしては土日といった週末ではなく、平日に引っ越しを行うようにすることです。理屈としては時期を選ぶのと同じで、引越し屋が忙しいタイミングを避けるという考えです。引っ越しは丸一日使うし、その後の片付けも時間がかかるので土曜日など休日に行う人が多くなっています。ですので、引越し屋として平日は仕事が少なくなるので料金も割引されています。有給などを使い、平日に引っ越しを行うことを検討してみましょう。

できることは自分でやっておきましょう

3つ目は準備できることは自分でやっておくということです。引っ越しで持っていく荷物の梱包や不要品の処分を引越し屋に頼むと当然費用が発生しますので、梱包を自分で行い、また不要品も前もって処分しておくと代金を浮かすことができます。また梱包を行う際にしっかりといらない洋服や本、家電などを捨てておき、荷物の量を減らすことも心がけましょう。また荷物の量が減れば新居で梱包を解き、再配置するときも楽になります。引っ越しは断捨離の良い機会なので、数年使用しなかった私物等は思い切って処分するとよいです。

引っ越しを行う際に、不用品の回収を利用すると要らないものを無くすことが出来て新居への荷物が減り、負担も減ります。