これって一般常識!?看板を魅力的に見せるテクニックとは

看板の命は文字にある

ポスターやチラシなどは、写真やイラストなどの様々なデザインを施して魅力的に見せる方法がありますが、看板の多くは文字に目が映る物ですよね。例えば、クラシックコンサートのチラシであれば、コンサートの風景を写真として転用する事ができますが、その姿を看板に直接転用すれば、楽器を扱っているお店なのか、音楽教室を行っている教室なのか分からなくなる事もありますよ。看板は、文字に対して特徴を作り出す事が重要であり、利用目的にもよりますが、一般的に利用されていない文字のスタイルを利用する事が重要と言えますよ。

色には心理的に与える効果がある

看板には心理的に与える効果があり、基本的に赤は興奮を与え、青は抑制を与えると言われていますよ。また、濃く重たい色は男性的であり、薄く淡い色は、女性的と言われています。ただし、この男性的な色と女性的な色の効果は、景気にも左右される物であり、景気が良く刺激を求めている場合は、重たい色、景気が悪く癒やしを求めている場合は、軽い色が望ましいとも言われています。緑と言う色は、万人に受け入れ易く、森林に見られる緑は、再生を現す色として、薬局や医療機関のホームページの色で良く利用されていますよ。ただし、これはらは、基本的な内容で差別化が難しいため、実際に絵の具などを利用して、オリジナルの高い色を作り参考資料として利用する方法もお勧めの一つと言えるでしょう。

看板は見られて初めて効果を発揮する

狭い路地に並ぶお店の中で、高い位置に看板を掲げても誰も目にする事が出来ませんよね。看板とは、見られて初めて効果を発揮する物であり、最も目に入る位置に掲げるのが大切です。お店の正面に対して、正面に掲げるのは一般的であり、この常識的な内容が特別な内容として現す事ができず、意識すらされない事も出てきます。そこで、お勧めな方法として挙げられるのが、少し傾ける方法です。これは、正面に対して傾ける方法と、接地面に対して、前後に傾ける方法があり、この様な姿が、他の看板と差別化によって、多くの方に見て頂く可能性を高めるでしょう。

電子看板はデジタルサイネージという製品として販売されており、映像データを保存したメモリーカードで広告内容を動的に表現する仕組みになっています。